定量型 2名様用 郵送大腸がん検査キット 2回法×2 濃度を数値で測定します 便中の血液 商店 Hb 3486円 【定量型/2名様用】郵送大腸がん検査キット (2回法×2) 便中の血液(Hb)濃度を数値で測定します。 ドラッグストア 衛生用品・ヘルスケア 検査キット 3486円 【定量型/2名様用】郵送大腸がん検査キット (2回法×2) 便中の血液(Hb)濃度を数値で測定します。 ドラッグストア 衛生用品・ヘルスケア 検査キット ドラッグストア , 衛生用品・ヘルスケア , 検査キット,nishio-cha.sakura.ne.jp,【定量型/2名様用】郵送大腸がん検査キット,/eflagelliferous1243994.html,便中の血液(Hb)濃度を数値で測定します。,(2回法×2),3486円 ドラッグストア , 衛生用品・ヘルスケア , 検査キット,nishio-cha.sakura.ne.jp,【定量型/2名様用】郵送大腸がん検査キット,/eflagelliferous1243994.html,便中の血液(Hb)濃度を数値で測定します。,(2回法×2),3486円 定量型 2名様用 郵送大腸がん検査キット 2回法×2 濃度を数値で測定します 便中の血液 商店 Hb

定量型 2名様用 郵送大腸がん検査キット 2回法×2 誕生日プレゼント 濃度を数値で測定します 便中の血液 商店 Hb

【定量型/2名様用】郵送大腸がん検査キット (2回法×2) 便中の血液(Hb)濃度を数値で測定します。

3486円

【定量型/2名様用】郵送大腸がん検査キット (2回法×2) 便中の血液(Hb)濃度を数値で測定します。


商品の説明

自宅でできる大腸がん検診

便潜血定量検査・2回法

 自宅で手軽に検査が可能です。もちろん二日間採便をしていただく2回法で検査します。お届けする、検査キットの「採便容器」で二日間、便を採取してください。
 2名分(2セット)をまとめてお送りいたします。返送用クッション封筒も2セットお送りしますので、別々の日に検査が可能です。ご夫婦・親子、お友達といっしょに検査をされる方は、こちらをご利用ください。

 大腸がん検診の検査キットの販売を開始して10年。大腸がんの件数は増えています。便潜血検査は大腸がんのスクリーニング検査として非常に優れています。大腸がんは高齢者の比率が高く、医療を携わっている者でも若い人の大腸がんは、症状が出ていても見逃しがちです。しかしながら30代から40代、50代で大腸がんにかかる患者さんの数は決して無視できる数ではありません。解った時にはステージが進んでいたり、侵攻の速いものであったり、またお仕事や家族の事など、若い人ほど深刻です。大腸がんは早期発見できれば、なんとかなります。
 40歳を超えた人を対象に多くの自治体では大腸がん検診を実施するようになりました。しかし (1)容器の受け取り (2)検体の提出 (3)結果の受け取り と三回も医療機関や保健所に足を運ばなければならなかったり(大阪府吹田市の場合)、結局、受診率が高いのは元気な高齢者中心となっています。私たちはインターネットを活用して運用を工夫し、より多くの方に受けやすい形を作り、この検診を受けていただきたいと考えています。
 大腸がんの発見には大腸の内視鏡検査が重要です。しかし一人の医師が一日に数人しか検査できない、また受診者に経済的、身体的な負担が大きい、この検査を多くの方に受けていただく事は難しく、事前のスクリーニング検査として便中ヘモグロビン検査を実施し、便中に血液が検出された方を対象に内視鏡検査を受けていただく事で、限りある医療資源を効率的に活用できると考えています。

定量検査と定性検査の違い

 定量検査は、陽性・陰性だけでなく、便中の血液の濃度が数字わかる検査です。一般的な大腸がん検査は定性検査と呼び、陽性か陰性か二段階で判断します。当センターの定性検査では1ミリ・リットル当たりの便中の血液濃度が100ナノミリグラム相当以上を検出したときに反応する試薬を使用し判定しています。(1ナノミリグラムは1億分の1グラムのことです)
 便中ヘモグロビン検査では陽性・陰性の仕切り値が異なっており検査機関によって50~150ng/ml相当の濃度以上で陽性としている事が多いようです。
 「陰性」「陽性」だけでなく実際に検出されたヘモグロビンの濃度を数値で知りたい! というご要望にお応えして、当センターでは定量検査も実施しています。郵便返送時の常温保管による検体の劣化を防止して検査精度を上げるため、検体返送時には白色のクッション封筒を使い返送していただきます。切手はすでに当方でお貼りしています。

  近年、検査キットに使われる専用容器も進歩しています。容器内に充填されている保存溶液に、ある種のタンパク質成分が含まれており、便中のヘモグロビンの安定化を図っています。常温でも2週間程度なら、ほとんど結果に影響を与えないとされるようになり、当センターが郵送検査を始めるきかっけとなりましいた。しかし出来れば冷蔵庫に保管いただく事を推奨しております。特に気温が35度以上になると、検体は数日で劣化します。 (広島市医師会の専用容器の安定性より)

検査の方法

<検査の流れ>
1、採便キットが届きます。

2、問診票を記入して、説明書のとおり採便を行ってください。

  • 採便容器と記入した問診票を、返送用専用クッション封筒に入れて返送してください。
  • 採取した検体は発送まで冷蔵庫または冷凍庫で保管されることを推奨します。
  • 20度以上の常温保管では数日で検体に劣化が起き検査結果に影響を与えることもあります。

3、郵便局等から返送してください
  休前日に到着した検体は休日明けの検査となります。そのあたりを考慮の上、返送されることをおすすめします。

4、検査結果は原則として翌々営業日に郵便でお送りします。

  • 検査結果が異常ありの場合、書留または特定記録郵便で結果を郵送しています。
  • 検体発送後、14日間たっても結果が届かない場合はご連絡下さい。(原則として検体到着後2営業日に普通郵便で結果を返送しています)
  • ただし土・休日の発送は行っていません。

結果と大腸がんの確率

 当センターの便潜血検査は便中ヘモグロビンの濃度が100ng/mL程度以上を陽性としています。ほとんどの便潜血検査で75~100ng/mlを仕切り値にしていると思われます。「宮城県対がん協会がん検診センター」での調査では陰性とされる40ng/ml以下の進行がんの確率は0.2%程度、40~50における進行がんの確率は0.4%、60~100で1.2%とされています。(1ng/mLは1ミリリットル中に10億分の1グラム) 当センターの検査は、比較的若い方が多く受けられています。国立がんセンターの統計と重ねて推計すると、特に定量検査で40ng/ml以下の値の場合、大腸がん罹患の確率は30代で0.02%以下、40代で0.05%以下と考えています。
  便潜血検査は間接検査であり、大腸がんを見逃すことはあります。陰性でも内視鏡検査が必要なのではないかという考えもありますが、確定診断には欠かせない、現在最も信頼できる内視鏡検査ですが、検査時の事故も無視できない現状では、受診者の費用負担、身体負担を考えると、150~250ng/mlを超えて始めて受ければよいという意見もありますし、40ng/mlを超えれば受けたほうが良いという考えもあります。(大腸がんの多くは数百~1000ngを超えるとされています)、当センターでの検査受診後の受診者の状況については、いくつかの受診者からのご報告はいただいておりますが、残念ながら、学術的な調査は実施できておりません。

  • 検便の検査では、大腸がんの確定はできません。大腸がんの確定を行うには、現状では内視鏡検査(大腸ファイバー)が必要です。大腸内視鏡検査は、胃カメラと同様にファイバースコープを使い、肛門より挿入して直腸から盲腸まで全大腸を直接みて調べる検査です。しかし一人の医師が1日にできる件数はわずかですし、トラブル時の医療体制も必要です。健康な人が、この検査を受けた場合、大腸がんの発見確率は低く、また受診者の体や費用の負担は大きく非効率です。しかし検便で陽性反応となった方の内視鏡検査では5~15%位の方にポリープが見つかっており、その中から少なからず大腸がんが発見されます。限りのある医療資源である内視鏡検査で効果的に大腸がんを発見する、スクリーニング検査(事前検査による高リスク群のふるい分け)としての便潜血検査は非常に有効であると考えています。
  • 便潜血検査の技術も進み、微小なヘモグロビンも検出できるようになったため、以前のように検出出来たら「陽性」というわけにはいかなくなりました。定量検査を行えば陰性でも100ng/ml程度までのヘモグロビンが検出されることもあります。
  • 日本消化器内視鏡学会が内視鏡専門医の所属する全国518施設で、2003年より2007年までの5年間に起きた内視鏡検査での事故(カメラが腸管を突き破るなど)は1700検査に1回の確率で起きています。胃カメラでの確率は2500検査に1件、大腸内視鏡だけで見ると1400検査に1件となっています。また内視鏡検査による死亡例は5年間で46例、27万検査に1件の確率となります。大腸がんの早期発見にはかかせない検査ですが高度な技術を要する検査です。残念ながら一般の受診者が施術医を選ぶことは難しいですが、万一の時の体制のしっかりした医療機関で検査を受けることが重要です。

【定量型/2名様用】郵送大腸がん検査キット (2回法×2) 便中の血液(Hb)濃度を数値で測定します。

無表情な曇空がどこまでもつづく日曜の午後。15時40分、二階建ての小さな建物を改装したそのギャラリーに辿り着くと、長方形をした小部屋の壁面に「ráɪt」の文字をかたどったネオン管とシンプルな白の掛け時計が設置されていた。
ネオン管はコードでつながれているが灯りが点っておらず、秒針をはずされた掛け時計は少し先の時刻である15時50分を指したまま時が止まっている。照明器具としての機能を停止させた空虚なネオン管と、長針も短針も微動だにせず無用のオブジェと化した時計。1階に設えてあるのはそれぞれ《ráɪt》《15:50》と題されたこれら二つの作品のみで、空間の白さと要素の少なさが静態的な場を演出している。

» すべて読む


 

» すべて読む


» すべて読む


東間嶺『行為と場所の記憶/記憶---〈引込線/放射線〉』展示風景(撮影:東間嶺)

» すべて読む

» すべて読む


 

» すべて読む



東間嶺×吉川陽一郎(&開)オープン・スタジオ・イベント『TORIGOYA』フライヤー表面

» すべて読む


 

» すべて読む

NEW POST
関連本
CATEGORIES
MONTHLY
2013 [+]