32890円 4000W 380Vベクトル制御可変周波数駆動インバータVFD (Size : 380V) 産業・研究開発用品 エレクトロニクス部品 制御部品 32890円 4000W 380Vベクトル制御可変周波数駆動インバータVFD (Size : 380V) 産業・研究開発用品 エレクトロニクス部品 制御部品 4000W 年間定番 380Vベクトル制御可変周波数駆動インバータVFD Size 380V : 380Vベクトル制御可変周波数駆動インバータVFD,nishio-cha.sakura.ne.jp,(Size,/inclosure1156170.html,:,産業・研究開発用品 , エレクトロニクス部品 , 制御部品,380V),4000W,32890円 4000W 年間定番 380Vベクトル制御可変周波数駆動インバータVFD Size 380V : 380Vベクトル制御可変周波数駆動インバータVFD,nishio-cha.sakura.ne.jp,(Size,/inclosure1156170.html,:,産業・研究開発用品 , エレクトロニクス部品 , 制御部品,380V),4000W,32890円

4000W 年間定番 通信販売 380Vベクトル制御可変周波数駆動インバータVFD Size 380V :

4000W 380Vベクトル制御可変周波数駆動インバータVFD (Size : 380V)

32890円

4000W 380Vベクトル制御可変周波数駆動インバータVFD (Size : 380V)

商品の説明

サイズ:380V

これは、高トルク、高精度、広い速度範囲の駆動を実現でき、高性能です。それは過酷な力、温度、湿度および塵埃干渉に適応し、安定性を大いに改善することができます。低騒音と低電磁干渉のためのユーザー要件を満たしています。
4。0KW 380V 9.0A AC.駆動ベクトル制御インバータ周波数インバータスピンドルインバータ VFD 可変周波数駆動インバータ
技術的な機能:
入力とoutputInputVoltage380V、3フェーズ
入力周波数:50Hz/60Hz
出力電圧:380V、3相
出力周波数:0.5~50/60Hz、0.5~400Hz
I/O.特徴
プログラマブルデジタル入力:サポートできる7つの端末を提供 オンオフ 入力、高速パルス入力をサポートできる1端子 PNP、NPN
プログラマブルアナログ入力:AI1は-1の入力を受け入れることができます0V-10V、AI2 入力0~10Vまたは0~20mAを受け入れることができます
プログラマブルオープンコレクタ出力:1出力端子(オープンコレクタ出力または高速パルス出力)を設ける
リレー出力:1出力端子を入力してください
アナログ出力:2出力端子を入力します。その出力範囲は、選択されているように、0/4-20mAまたは0~10Vになる可能性があります。
主な制御機能
制御モード:V/F、センサレスベクトル制御(SVC)、トルクコントロール
過負荷容量:定格電流の150%、定格電流の180%の10代
速度調整範囲:1:100(SVC)
キャリア周波数:1kHz -15.0kHz
周波数参照元:キーパッド、アナログ入力、HDI、シリアル通信、多段速度、シンプル PLC と パイズ 設定複数モードと回折モード間のスイッチの組み合わせを実現することができます
パイズ制御機能
単純 PLC、マルチステップスピード制御機能:16段スピードを設定できます
トラバース制御機能
瞬間的な電源が切れるとしないでください
スピードトレース機能:ランニングモーターをスムーズに開始します
クイック/ジョギングキー:ユーザー定義ショートカットキーを実現できます
自動電圧調整機能(AVR)
入力電圧が変動したときに自動的に出力電圧を安定に保ちます
故障保護:過電流、過電圧、過熱、過熱、位相障害、オーバー負荷などから保護する
応用:
調子、石油、化学、繊維、電気、建築材料、石炭、薬品、食品、製紙、製紙、プラスチック、印刷、持ち上がる、ケーブル、洗浄、水供給、HVAC、下水処理やその他の業界。
機械:CNC ルーター、CNC 機械、フライス盤、掘削機、翼ディング機、ミキサー、押出機、スリッター、ワインダー、コンプレッサー、換気装置、ポンプ、グラインダー、コンベヤ、エレベーター、遠心部および他の速度制御機。
パッケージは次のとおりです.1×Huanyang Drive
1 xユーザーマニュアル
.私達は私達のプロダクトに自信を持って、彼らの背後にある100%の後ろに立ちます。ご質問や懸念があるだけで、24時間以内に助けてくれることをお勧めします。

4000W 380Vベクトル制御可変周波数駆動インバータVFD (Size : 380V)


Copyright (c) 日本工作機械工業会 All rights reserved.